studio icals: News | icals



Google

Web
サイト内


デザインのコラム

■デザインに求められること

■街角のデザイン

■個性的な建物

■パブリックアート

■「風土」について

■デザイナー

■マップ

■5/8

■プライバシー

■右と左

■距離とストレス

■デザインとインターネット

■私がシトロエンを好きな理由

■newMac

■新しいMacintos

■片目のジャック?

■シトロエンとアップル


住いのQ&A

■住まいづくりの知識

■住宅のコラム
■建築のコラム
■街づくりの活動
■デザインのコラム
■映画のコラム
■アートのコラム
■気になるコラム


スタディ

■住いづくりの知識
■アールヌーボー
■カラーイメージ
■自分の街の建築史
■人間と環境


関連リンク

■デザインリンク

■バリアフリーリンク

■住宅・建築リンク

■街づくりリンク


-
デザイン紹介-


-住いづくり講座-

■気まぐれリンク



 

◆関連サイト
・愛知・名古屋の情報検索

・便利なリンク

 
あい・なごやサイト
・住いづくり講座

・バリアフリー製品検索

・名古屋のショールーム検索

・名古屋の病院検索

・名古屋の介護施設検索

・名古屋の博物館検索

・名古屋の観光地検索

・名古屋弁

・名古屋のグルメ

・名古屋の映画

・名古屋のアート

・名古屋のリンク

・名古屋の掲示板

ご意見・ご感想

スタジオ・イカルスデザイン

デザインに求められること

 デザインには、様々なタイプのものがあります。平面上の諸要素を扱うグラフィックデザイン、空間要素を扱うスペースデザイン(扱う空間の大きさによって、ランドスケープデザインや建築デザイン、インテリアデザイン、ディスプレイデザイン等に分けられます。)、工業製品を扱うプロダクトデザイン、等々...。

 しかし、今もっともデザインに求められているのは、単なる「物」を作り出すというだけじゃなく、「共有できる場」を生み出していくことのように思います。

 今、いったい何人の人と心を共有(少し大袈裟でしょうか・・・心の一部を共有)することができているでしょうか。近しい間柄の人たち(家族とか友人といった)でさえ、上手に共有できているとは言えないんじゃないでしょうか。。

 人は、自分の気持ちを他人に伝えるために、「言葉」を用います。でもそれだけでは伝えることのできないもの(あるいは事)は、たくさんあります。例えば、自分が幼い頃遊んだ情景を、どうやって子供達に伝えたらいいんでしょう。そういう「場」があったらと思いませんか。

 心を共有するためには、少なくとも、同じような「場」を共通体験し、共通の感性を確認しあっていることが前提となるような気がします。

 手段が、平面であれ、空間であれ、工業製品であれ、様々な人々が共有できる「場」をつくり出すことが、デザインの役割なんだと思います。

[大塚裕昌, studio icals]


  スタジオ・イカルス デザインの仕事ぶり

ランドスケープ/エクステリア

名古屋市瑞穂区役所

INAX工場庭園

宮城県大河原公園コンペ

プロダクト/スペース

愛知県師崎パブリックアート案

愛知県大井街路灯

愛知県扶桑町パブリックアート案

和歌山県田辺市街路灯案

街路灯 リ・デザイン

岐阜県中津川市パブリックアート案

熊本県八代市バス停コンペ

新・水まわりコンペ

AD.facade

グラフィック

21世紀芸術家協会インド展ポスター

コーポレート・アイデンティティー

建築展用ポスター

オリジナル カレンダー

オリジナル ウォッチ

プランニング

愛知県下山村森の博物館案

愛知県一宮市駅前再開発案

名古屋市南陽町再開発案

以前の仕事

サニタリーウォール

愛知県岩倉市サイン

設備会社エントランス

JR東海オレンジボックス

コミュニティーバス

ノーリツ給湯器


住宅の仕事ぶりはこちら
建築の仕事ぶりはこちら



| メールマガジン購読 | アンケート | 資料ダウンロード | サイトマップ | プライバシー |


Copyright ゥ 1997-2002 studio icals. All Rights Reserved.