studio icals: News | icals



Google

Web
サイト内


住宅のコラム

■住いをつくるということ

家族の心を育む住い
■それぞれの家族-それぞれの住まい

■「故郷」としての「home」

■今見える風景

■「引き隠り」と八百万の神

■「家」の役割

■モンゴルの祭壇

■心を使う家

■炎の色

■引き算の家、足し算の家


設計
■設計者との関係

■家族の空間(1)

■家族の空間(2)

リフォーム
■リフォーム総論

■浴室について

■収納について

■省エネルギーについて

■高齢者向け浴室

その他
■陰影礼讃

■バランス

■高気密住宅雑感

■間取りとコミュニケーション

■木造住宅の木材

■設備の音

■有機質の家、無機質の家

■部屋の名前とインテリア

■一方日本の住宅は...

■ウルの住宅

■太陽エネルギーの利用

■家相の話

■少しだけバリアフリーの話

■結露の話

■高気密住宅と健康住宅

■木造とバリアフリー

■再び、木造の話3

■再び、木造の話2

■再び、木造の話

■またまた木造の話

■ついでに木造の話

■ひきつづいて木造の話

■現在の日本風...住宅

■ちゃぶ台の話

■来年はうさぎ年

■雨のち晴れ


住いのQ&A

■住まいづくりの知識

■住宅のコラム
■建築のコラム
■街づくりの活動
■デザインのコラム
■映画のコラム
■アートのコラム
■気になるコラム


スタディ

■住いづくりの知識
■アールヌーボー
■カラーイメージ
■自分の街の建築史
■人間と環境


関連リンク

■住宅・建築リンク

■街づくりリンク

■バリアフリーリンク

■デザインリンク


-住いづくり講座-


-
デザイン紹介-

■気まぐれリンク



 

◆関連サイト
・愛知・名古屋の情報検索

・便利なリンク

 
あい・なごやサイト
・住いづくり講座

・バリアフリー製品検索

・名古屋のショールーム検索

・名古屋の病院検索

・名古屋の介護施設検索

・名古屋の博物館検索

・名古屋の観光地検索

・名古屋弁

・名古屋のグルメ

・名古屋の映画

・名古屋のアート

・名古屋のリンク

・名古屋の掲示板

ご意見・ご感想

スタジオ・イカルス:住宅

住まいをつくるということ

 住宅を設計するということは、店鋪や事務所といった公共性をともなう建築物を設計することとは、根本的に異なる思考を必要とします。

 「住まい」は、そこで生まれ育った人間の、空間の原点となります。例えば、私達が、「この部屋は狭い」とか、「この空間は居心地がいい」と考えるのも、原点として、私達が生まれ育った「住まい」との比較によって成り立っています(それは、無意識の場合がほとんどでしょうが・・・)。私達が生まれ育った「住まい」は、私達にとって、もっとも身近で、もっとも明確な「ふるさと」というわけです。

 私達は、そうした「ふるさと」である「住まい」を原点として、新たに認識していった空間を位置付けしていくわけです。私達の行動範囲は、多分最初は、自分の周辺から始まって、だんだんと範囲を広げていき、社会と自分との関係性や、時には宇宙と自分との関係性に対しても、あれこれ考えるようになるわけですが、その時の原点はやはり、「ふるさと」である、生まれ育った「住まい」なのです。

 ですから、住居を設計するということは、そこで生活する人達の原点を設計することに他なりません。原点を設計するということは、そこに生まれ、そこに生きる意味を明確にしてあげることだと思います。どれだけ実現できるかは、その時の諸条件によりますが、すくなくとも、このことだけは、住居をつくる人と設計をする人との間で、共通の認識を持っておくべきだと思います。

[大塚裕昌, studio icals]


  スタジオ・イカルス 住宅の仕事ぶり

住宅

T' s House
4世代で仲良く暮らす家

M' s House
家族の気配を感じ合う家

S' s House
泥んこで帰っても怒られない家

N' s House
家族でワイワイガヤガヤする家

家族の心を育む住い

2002年試作
2001年1月 名古屋市民ギャラリー展示


建築の仕事ぶりはこちら
デザインの仕事ぶりはこちら



| メールマガジン購読 | アンケート | 資料ダウンロード | サイトマップ | プライバシー |


Copyright ゥ 1997-2002 studio icals. All Rights Reserved.