studio icals: News | icals



Google

Web
サイト内


住宅のコラム

■住いをつくるということ

家族の心を育む住い
■それぞれの家族-それぞれの住まい

■「故郷」としての「home」

■今見える風景

■「引き隠り」と八百万の神

■「家」の役割

■モンゴルの祭壇

■心を使う家

■炎の色

■引き算の家、足し算の家


設計
■設計者との関係

■家族の空間(1)

■家族の空間(2)

リフォーム
■リフォーム総論

■浴室について

■収納について

■省エネルギーについて

■高齢者向け浴室

その他
■陰影礼讃

■バランス

■高気密住宅雑感

■間取りとコミュニケーション

■木造住宅の木材

■設備の音

■有機質の家、無機質の家

■部屋の名前とインテリア

■一方日本の住宅は...

■ウルの住宅

■太陽エネルギーの利用

■家相の話

■少しだけバリアフリーの話

■結露の話

■高気密住宅と健康住宅

■木造とバリアフリー

■再び、木造の話3

■再び、木造の話2

■再び、木造の話

■またまた木造の話

■ついでに木造の話

■ひきつづいて木造の話

■現在の日本風...住宅

■ちゃぶ台の話

■来年はうさぎ年

■雨のち晴れ

■住まいづくりの知識

■住宅のコラム
■建築のコラム
■街づくりの活動
■デザインのコラム
■映画のコラム
■アートのコラム
■気になるコラム


スタディ

■住いづくりの知識
■アールヌーボー
■カラーイメージ
■自分の街の建築史
■人間と環境


関連リンク

■住宅・建築リンク
■バリアフリーリンク

■デザインリンク


-住いづくり講座-


-
デザイン紹介-

■気まぐれリンク



 

◆関連サイト
愛知・名古屋の情報検索

便利なリンク

 
あい・なごやサイト
住いづくり講座

バリアフリー製品検索

名古屋のショールーム検索

名古屋の病院検索

名古屋の介護施設検索

名古屋の博物館検索

名古屋の観光地検索

名古屋弁

名古屋のグルメ

名古屋の映画

名古屋のアート

名古屋のリンク

名古屋の掲示板

ご意見・ご感想

スタジオ・イカルス住宅:ワークス

家族の心を育む住まい

 このパネルは、2001年1月に、名古屋市民ギャラリーで開催された「20世紀の建築文化遺産展」の未来住宅提案として展示したものです。

 私が、「未来住宅」というものを考えた時、最初にイメージしたのは、これからの家族の在り方でした。複雑な社会環境や生活状況をふまえた上で、それでも一つのまとまった家庭を営んでいくために、建築家としてよりも一人の父親として、頭によぎった様々なことを繋ぎあわせ、形にしていきました。

 畑があったり、物見塔があったり、大きなテーブルや味噌蔵があったり...これらのアイデアは、総ての家庭に当てはまるものではありません。ある意味一つの象徴的存在として受け止めていただけたらと思います。子供と一緒に汗を流して野菜を育てたり、家族で仰向けになって雲や星を眺めたり、それぞれの事をしていても家族が顔を向け合っていたり、家族共通の味覚を育んだり...といった具合にです。

 20世紀という時代は、効率化を追い求め過ぎて、こういった部分を切り捨ててきてしまいました。そして、そのことが人本来の在り方との間に大きなギャップを生じさせてしまい、家族や社会に深刻な問題を生み出しているようにも思います。

 自らの記憶の中で、彼方にいってしまった情景を呼び戻し、自分らしさや自分の家族らしさを育んでいける家づくりが、これから必要とされているのだと思います。


21世紀住宅

 20世紀は、エネルギーに支えられた様々な産業が発達し、人々はその周辺で活動をするために 生まれ育った土地を離れ、産業の地へと移り住んだ。その時人々は、本当の意味での、「そこに住むべき理由」というのを失ってしまった。そのことが、ストレスを生み、時には「暴力」的なトラブルを生む元となったのかもしれない。

 21世紀、私達は自らの意思によって、住処を定め、住み方を決めることができる。20世紀に失った「そこに住むべき理由」を、21世紀に取り返すことができた時、私達は生命を尊ぶ人間本来の生き方を取り戻すことができるはずだ。その場所で、空を眺め、畑を耕し、テーブルを囲み、家庭の味を感じ、顔を見合わせ...そんな日々の暮らしの中で、「家族の心」は育まれ、受け継がれていく。

 コンセプトメーキングのメモ

[大塚裕昌, studio icals]

家族の心を育む住い コラム
■それぞれの家族-それぞれの住まい
■「故郷」としての「home」
■今見える風景
■「引き隠り」と八百万の神
■「家」の役割
■モンゴルの祭壇
■心を使う家
■炎の色
■引き算の家、足し算の家


  スタジオ・イカルス 住宅の仕事ぶり

住宅

T' s House
4世代で仲良く暮らす家

M' s House
家族の気配を感じ合う家

S' s House
泥んこで帰っても怒られない家

N' s House
家族でワイワイガヤガヤする家

家族の心を育む住い

2002年試作
2001年1月 名古屋市民ギャラリー展示


建築の仕事ぶりはこちら
デザインの仕事ぶりはこちら



| メールマガジン購読 | アンケート | 資料ダウンロード | サイトマップ | プライバシー |


Copyright ゥ 1997-2002 studio icals. All Rights Reserved.